ヒアロディープパッチは危険?副作用があるっていうキーワードがあるけど・・・

モンドセレクションの金賞を受賞し、厚生労働省指定「抗シワ試験」に合格したマイクロニードル商品と言えばヒアロディープパッチですよね。

ヒアロディープパッチは危険?副作用があるっていうキーワードがあるけど・・・

私も友人に勧められて使い始めたのが最初でしたが、買うか?どうか悩んでいる時にネットでヒアロディープパッチを検索したことがあったんです。

そしたらなんと、ネットでは【ヒアロディープパッチ危険】や【ヒアロディープパッチ副作用】というキーワードが浮上するではありませんか!

これは本当なのでしょうか?

肌バリアを突き抜けて角質層まで潤いを届ける・・・て書いてあるのに、本当に副作用があるほど危険だったら使いたくないですからね。

今回は同じ事が気になる方のために、ヒアロディープパッチには副作用があるのか?そしてヒアロディープパッチ自体が危険な商品なのかを??調べてみました。

《ヒアロディープパッチで副作用?危険な噂は本当?》

冒頭でも書きましたが、ヒアロディープパッチをネットで検索すると副作用や危険という、とてもネガティブなキーワードが浮上します。

ヒアロディープパッチは目元や口元と言った、顔の目立つ場所に貼るものなので、副作用があったらそれこそ冗談じゃないですよね?

そこでネットで書かれている【危険】にまつわる口コミを調べたのですが、どうやら真相はこんな感じでした。

 

まず、ヒアロディープパッチに副作用はありません。

そもそも副作用というのは薬品に起こるものなので、化粧品の部類のヒアロディープパッチには副作用は当てはまらない!のです。

 

とはいっても、化粧品の場合、肌の異常を感じる人はいますよね?

例えばブツブツができるとか、急激な痒みに襲われる・・・とかね。

それに関しても調べてみましたが、肌に違和感を感じるのはヒアロディープパッチを貼った直後15分くらいのチクチクのようです。

でもそれも危険な痛みではなく、それだけヒアルロン酸が角質まで届いている・・・という証拠。

その痛みもヒアルロン酸が浸透した15分後くらいには無くなるので、危険というレベルではありません。

 

他にも使い方が間違っている人に多いのが、ヒアロディープパッチが翌朝になっても剥がれづらい・・・とかあるようですが、それも危険な副作用とは違い、単に保湿していないから・・・。

ヒアロディープパッチを貼る前に保湿しなくてはいけないのは、ちゃんと公式サイトに書かれていますからね。

なので、正しい使い方をしているのであればヒアロディープパッチを使うことによる危険な副作用はない・・・と言えると思います(*^▽^*)

 

あっ、最後に私の話ですが・・・。

確かに10分くらいはチクチク感じたかな。

でもね、10分後にはチクチク感じることもなくなりましたよ。

っていうか、10分後には熟睡しているんですけどね( ;∀;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です